ビットコイン マイニング

ビットコインとは、一般的にインターネット上で流用することができる仮想通貨とされており、さまざまな分野で利用されることが期待されているものになりますが、このビットコインを、実際の通貨で購入したり、誰かから譲り受けたり、何かを売ったりした対価として手に入れるのではなく、新たに手に入れる行為の事をマイニングと言います。

マイニングを行うことによって、ビットコインは新規に発行されることになるために、例えば通常の通貨のように、国家が政府機関を投資て通貨の発行をするように行われるのではなく、また企業などがサービスの一環として利用できる通貨のように利用できるポイントのように発行されるのではなく、このマイニングのみによって、ビットコインはその漁を増やしていくことになります。

こうした事から、ビットコインは国や企業などの団体が管理や統括をしているのではななく、その発行を行う団体も存在しないというものになっており、これがビットコインの最大の特徴となっています。

このビットコインが発行される総量は事前に決められており、またマイニングによって発行される量も調整が施されているために、その発行量が増えてインフレ状態になったりなどの混乱が起こることがないとされており、その総発行量は2140年までに2100万Bitcoinとされていて、それ以降は新規のビットコインは発行されない仕組みになっています。

ビットコインを新たに発行するためのマイニングは、コンピューターによる計算によって行われます。

ビットコインは、その全ての取引記録を取引台帳に記録することによって成り立っており、一定期間ごとに新たに行われた取引記録をその取引台帳に追記していくことで維持されています。

この際に、世界中のネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、新たに発生した取引データとの整合性を取り確認をしていきながら正確に記録を行っています。
取引台帳の正確な追記作業が、このビットコインの信頼性につながっているのですが、これを行うためには膨大な計算を行わなくてはならず、この大変に難しく時間のかかる取引台帳の追記作業を行う人たちに対して、新規のビットコインを発行するという仕組みがとられているのです。

つまり、ビットコインを維持するための取引台帳の追記作業の事をマイニングと呼び、そのマイニングの対価として新規のビットコインが発行されているという事になるのです。