ビットコイン

ビットコインとは、インターネット上で流通する仮想通貨の事を指しており、わたしたちの利用しているお金である法定通貨との交換が可能であったり、いろいろな店舗などでの支払いに利用することができるものになります。

2009年ごろからビットコインの利用が始まり、2016年には日本の政府もビットコインに対して資産的な価値のあるものであるという事を、法律で定めていく方針を決定しました。

ビットコインの特徴は、実際の貨幣や紙幣といったものがない仮想の通貨であり、また世界中で流通することが可能な部分になります。
また、このビットコインは、国や地域、企業といった団体などが発行をするものではなく、これを制御し規制を行うような中央銀行などが存在しないため、極めて公平で透明性の高い通貨という側面も持っています。


おすすめサイト>>http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline
これにより、共通の通貨として世界で利用することができるために、今後の新しい通貨の概念として大いに期待が寄せられており、また同時に、このビットコインと既存の通貨や金融システム、経済社会等とのかかわりについても、急速に整備が行われている部分でもあります。

例えば、ビットコインのシステムなどについても、その安全性を危ぶむ研究などもあり、また、違法な薬物や取引、マネーロンダリングの隠れ蓑などになる心配や、また法的な規制が整っておらず、法定通貨とビットコインとの取引所において、不正なやり取りが行われるなどの事件が実際に起こっています。

また、ビットコインと法定通貨の交換レートは、世界中の需要と供給や経済状況などに非常に左右されやすく、また主に投機目的での取引が盛んであるために、常に乱高下が繰り返されているために、こうした部分においても今後のビットマネーとのかかわりについて、どう対応をしていくのかが課題となっています。

このビットコインは、ブロックチェーンとよばれる分散型ネットワークとそれを利用した取引台帳への記入作業によってその透明性が保たれており、膨大な量に及ぶ取引に対し、その取引を計算して過去の取引台帳との整合性を取って、新たに取引記録を追記していくことを行い続けています。

こうした事により、ビットコインは高い信頼性を生み出しているのですが、この取引台帳への記入にはコンピューターによる膨大な計算が必要であり、これを行った有志に対して新たなビットコインが発行される仕組みになっています。

このビットコインを発行させるための取引台帳への書き換え行為をマイニングと呼んでおり、ビットコインの発行枚数が増えるごとに複雑になっていく計算などから、ビットコインが供給過多にならないようなバランスがとられており、また、最大でも2100万以上のビットコインは発行されないように設計をされています。

仮想通貨の非常に類似した投資として、注目を集め始めているのがハイローオーストラリアのバイナリーオプションをはじめとしたバイナリーオプションという取引です。詳しくはこちらこちらFX投資家必見!ソーシャルレンディングのすすめもご覧ください。目が離せなくなってきています。